金剛山の植物に親しむ会 例会外観察会


2004.1.10  S.Masutani

コース 紀伊宮原駅→得生寺→雲雀山→施無畏寺→栖原海岸→湯浅駅
参加者 28名
9:30 紀伊宮原駅出発 11:30糸我峠で昼食 12:30
出発 14:15施無畏寺    15:25 湯浅駅

●植物および野鳥の観察をしながらポカポカ日和の明るい青空の下、みかん畑の中をゆっくり湯浅へ向けて歩いた。
●日頃見慣れている植物とは異なるものも多く、ダンチクから始めて、アコウ、クスドイゲなどに初めて聞く名前という声がしきり。
●野鳥も有田川でダイサギ、セキレイを見て、川の中を鱗を見せて飛ぶ鮎の群れに歓声をあげる。栖原の海岸ではイソヒヨドリ、ウミウなどを見ることが出来、全員満足して湯浅駅から電車に乗り帰路についた。
●下に出した画像以外にもダンチク、サネカズラ、シュンラン、コクラン、キキョウラン、サルトリイバラ、ユズリハ、ヤマモモ、ヒトツバ、ヤブニッケイ、ハゼノキ、ナツハゼ、マルバアオダモ、ヤブコウジ、ナギ、テイカカズラ、イヌビワ、ヤワゲフウロ、センダングサ、トベラ、その他数多くの植物を観察した。(植栽種は記入しておりません)


三宝柑

フユイチゴとノグルミ

ナガバノタチツボスミレ

ヤブチョロギ

カラクサケマン

キランソウ

コバノタツナミ

アワコガネギク

ツワブキ

ツルソバ

タンキリマメ

トキリマメ

モチツツジ

アカメヤナギ

クサギ

アコウ

マサキ

ゴンズイ

クチナシ

クスドイゲ

アカメモチ(カナメモチ)

ハマナデシコ

カラタチバナ

タイミンタチバナ


金剛山の自然に戻る