暖地植物と海岸植物観察会レポート           金剛山の植物に親しむ会  s.masutani

熊野古道から逸れて、山の坂道を上がりかけたところのみかん畑一面に咲いていたジロボウエンゴサク。


日時 2013年3月30日   参加者18名
コース 紀伊宮原駅→得生寺→雲雀山→みかん畑→施無畏寺→栖原海岸→湯浅駅  
行程 9:30紀伊宮原駅出発 11:45〜12:30糸我峠で昼食 14:30施無畏寺 16:00湯浅駅

何回も歩いた親しみのあるコースです。これまでは、晩秋から初冬の時期でしたが、今回は春の植物を見ようということになりました。結果は、あまり意外なものには出会えませんでした。しかし、ナガバノタチツボスミレの華麗で美しかったことと、期待はずれと云えば、和泉山脈の雲山峰では見られたナンゴクウラシマソウに出会えなかったこと以外、良いお天気に恵まれて多くの植物を観察出来ました。観察した植物です。ほぼコース順に並べてあります。
ナヨクサフジ ジロボウエンゴサク カラクサケマン ヤブチョロギ
ヤワゲフウロ ヤワゲフウロ キュウリグサ ミツバアケビ
シュンラン シロバナタンポポ ツルソバ アケビ
コバノタツナミ ウラシマソウ ナガバノタチツボスミレ シロノセンダングサ
オニヤブソテツ シシガシラ イソヒヨドリ イソヒヨドリ
ミミズバイ ミミズバイ果実(参考画像'06.1.7) タイミンタチバナ タイミンタチバナ
アコウ ハマナデシコ キケマン アメリカオニアザミ

金剛山の植物に親しむ会は、大阪府で一番標高の高い金剛山をフィールドに植物を
愛する人々が集う愛好会です。定例会その他詳しくは下記をごらんください。
http://www5.ocn.ne.jp/~y5597/ 
金剛山の自然に戻る