2017年1月トップ画像

1月31日
久しぶりに雪の上を歩いてきました。西石ブテ林道の終点、沢を渡らないでUターンしました。木々はもう春が近いことを感じているのですね。ダンコウバイ、ヤマコウバシ、アブラチャンなどクスノキ科の冬芽が膨らんできています。白梅が橋のたもとで1輪だけ口を開けていました。カワチスズシロソウはいっぱいツボミを用意しており、シロバナショウジョウバカマ群生地も雪を被っていましたが、大きな花蕾をつけていました。雪の上に蕾を5〜6個つけたカヤランが横たわっておりました。強い風や積雪のせいで枝から振り落とされたのですね。季節はゆっくりと春に向かっていました。
西石ブテ林道 ダンコウバイ ダンコウバイ ヤマコウバシ
白梅 カワチスズシロソウ カヤラン カヤラン
シロバナショウジョウバカマ オオバノイノモトソウ テリハヤブソテツ テリハヤブソテツ


1月25
家に居てガラス越しに雪が降るのを眺めています。今回の写真は長年の友人忍者さんのご厚意で使わせてもらいました。金剛山山頂の風景、凍てつくツララのほか、ルリビタキ、ジョウビタキ雌、メジロなど野鳥たちは里の公園などで撮られたものです。いずれも美しい写真ですね。

1月18日 
[’イケメン’ではなく、’イケバード’迷子のカラアカハラ君]

大泉緑地に来ている1羽のカラアカハラ(迷鳥)の表情です。とても人懐っこい感じがします。野鳥については詳しく知りません。冬の時期だけ凍てつく山に行けないので家に近い大泉緑地に通っています。野鳥と会話が出来る詳しい大勢のカメラマンと話をしているうちに、いろいろ教えてもらえます。本来は大阪府下に生息せず、また渡りのコースにもなっていない種が何かの影響(例えば台風とか)で飛来したと考えられる場合を迷鳥というようです。(日本野鳥の会大阪支部が出している大阪府鳥類目録参照)

1月9〜12日 寒に入り寒さが身に沁みますね。まもなく大寒、寒さ本番ですが、大泉緑地の野鳥たちは元気です。紅梅、白梅(アオガク)などもそろそろ開花し、トラツグミ、モズ、オオタカに出会いました。  7日行われたKSSK特別観察会のレポートと記念写真がアップされました。
モズ:いつもはカワセミが来るスポットできょうはモズに出会いました。
アオサギ カワセミ ヒドリガモ マガモ
オオタカ トラツグミ
イカル カワラヒワ シロハラ
紅梅 白梅(青萼)
スイセン(水仙)
1月4日
画像は、忍者さんの厚意で使わせていただいています。原画からの切り取り、加工などもお許しを得ておりますので、ちょっと遊んでみました。なお、忍者さんのブログはここからご覧ください。素晴らしい画像集を見られますよ。
ゴジュウカラ シジュウカラ コガラ カケス
シモバシラ シモバシラ シモバシラのファンタジー 樹氷のデッサン

もどる